• inst_egypt@m.tonichi-kokusai-u.ac.jp

トキのミイラと棺

天空の神であったホルスはハヤブサの姿をしており、現世の王はホルス神の化身とされ、王権の象徴でもあった。末期王朝時代以降、ハヤブサのミイラがホルス神に対する供物として捧げられるようになったため、大量のハヤブサのミイラが作られるようになった。