• inst_egypt@m.tonichi-kokusai-u.ac.jp

アフロディテ像

このブロンズ製の女神像は鋳造で、胴部の内部は中空に作られている。頭髪や着衣のチュニックが細かく表現されていて、右手にはサンダルと思われる物を持っている。裸体のアフロディテがサンダルを履いたり脱いだりするモチーフはヘレニズム美術で好まれた主題で、古代ローマでも頻繁に使用された。この像はチュニックを身につけているが、サンダル(と思われるもの)を右手に持つことから、この女神像がアフロディテであると考えられる。アフロディテは愛と美と性を司るギリシア神話の女神で、オリュンポス十二神の一柱である。