• inst_egypt@m.tonichi-kokusai-u.ac.jp

Category Archiveプロジェクト

「第7回太陽の船シンポジウム」のお知らせ(6/18)

毎年恒例の太陽の船シンポジウム開催のお知らせです。

今回のテーマは“太陽の船を表現する”です。

CGアートの専門家で女子美術大学の教授、内山博子先生を交えて復原される太陽の船の見せ方をテーマに講演が行われます。

皆さまお誘いあわせの上、ご来場いただければと思います。

日時: 2018年6月18日(月) 18:30~20:30(開場18:00)
場所: 早稲田大学小野記念講堂(入場無料)

18:00 開場
18:30 開会の挨拶 近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)
18:35 来賓ご挨拶
18:50 古代エジプトと太陽の船 吉村作治(東日本国際大学学長/教授・早稲田大学名誉教授・NPO法人太陽の船復原研究所所長)
19:05 プロジェクトの現状報告 黒河内宏昌(東日本国際大学教授)
19:20 太陽の船の復原模型とCG 内山博子(女子美術大学教授)
19:35 -休憩-
19:45 鼎談(吉村作治、内山博子、黒河内宏昌)
20:25 閉会の辞 吉村作治
20:30 閉会
司会 馬場匡浩(早稲田大学准教授)

【お申し込み方法】
お申込みフォームよりご登録ください。

参加申し込み締め切り日の後に入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
参加申込み締切日:2018年6月11日(月)

お申込みフォームが利用できない場合は、以下の3点を下記の連絡先までお伝えください。
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.電話番号

複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。

メールアドレス:waseda.egypt@gmail.com
FAX番号:03-5285-1302

太陽の船プロジェクト・クラウドファンディング開始

「第2の太陽の船発見から30年の節目に、新たなチャンレジをはじめます」

本学エジプト考古学研究所が調査を行なっているクフ王第2の太陽の船プロジェクトで、
吉村学長がクラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトを統括する吉村学長からのメッセージを掲載します。

先日、ピラミッド南側で最大サイズの木片が発掘された第2の太陽の船ですが、実は、今年発見から30年を迎えます。

この節目の年に、私吉村作治は、本日より、今一度、エジプト考古学者人生をかけ、最後にして最大の挑戦である「ピラミッド建造の目的解明」を成し遂げるべく、新たなチャレンジをはじめることといたしました。

それが、謎を解く重要な鍵を握る「第二の太陽の船」の修復と復原のスピードをあげていくために必要な資金の一部を、クラウドファンディングで募るというものです。

【目標金額は2000万円、本日より6月30日23:00まで支援の募集を行います】
https://readyfor.jp/projects/solarboat

クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の仕組みです。
インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を呼びかけ、 目標額に100%まで到達した場合のみ集まった資金を受け取ることができます。

公開期間終了までに目標金額が集まらないと、私たちには1円も入らない仕組みになっています。

この30年、度重なる苦難に耐え、発掘・修復作業はついに船全体の2/3まで完了いたしました。

しかし、予想よりも時間がかかったことで、私も74歳となり、あとどのくらい研究を続けることができるか正直分からない状況です。

それでも諦めたくありません。

達成することができるのか、正直不安なところもありますが、最後まで全力で頑張りますので、ぜひ一度プロジェクトページをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/solarboat

そして、小額でも私の人生をかけた挑戦を応援していただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

吉村作治