• inst_egypt@m.tonichi-kokusai-u.ac.jp

著者アーカイブ

『第6回太陽の船シンポジウム』(6/26)のお知らせ

日頃、我々のエジプト調査を応援していただき誠にありがとうございます。

さて、下記の要領で『第6回太陽の船シンポジウム』を開催することとなりましたのでご連絡いたします。

「お申し込みフォーム」での参加受付を行っております。

皆様のご来場をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

=================================
第6回太陽の船シンポジウム“第1と第2の船について”
日時:2017年6月26日(月)18:30~20:30(開場18:00)
場所:早稲田大学大隈小講堂(入場無料)
主催:早稲田大学エジプト学研究所・NPO法人太陽の船復原研究所・
東日本国際大学エジプト考古学研究所・日本エジプト学会
後援:早稲田大学総合研究機構
協賛:独立行政法人国際協力機構(JICA)・株式会社ニトリホールディングス
協力:東京大学生産技術研究所大石岳史研究室・女子美術大学内山博子研究室・
カタール航空
特別協力:学校法人昌平黌・株式会社孔輪閣・株式会社大昌・株式会社 欅・
株式会社相双リテック・株式会社光電製作所・株式会社上島製作所・
株式会社アケト

18:00 開場
18:30 開会の挨拶 近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)
18:35 プロジェクトの現状報告 黒河内宏昌(東日本国際大学客員教授)
18:55 第1と第2の太陽の船 吉村作治(東日本国際大学学長/教授・早稲田大学名誉教授・NPO法人太陽の船復原研究所所長)
19:45 ダイアローグ
吉村作治
大石岳史(東京大学生産技術研究所准教授)
黒河内宏昌
柏木裕之(東日本国際大学客員教授)
西坂朗子(東日本国際大学客員准教授)
高橋寿光(東日本国際大学客員講師)
20:25 閉会の辞 吉村作治
20:30 閉会

【お申し込み方法】
お申込みフォームよりご登録ください。

参加申し込み締め切り日後に入場整理券を送付いたします。
当日は、入場整理券をプリントアウトしてお持ちください。定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
参加申込み締切日:2017年6月19日(月)

お申込みフォームが利用できない場合は、以下の4点を下記の連絡先までお伝えください。
1.氏名
2.メールアドレスまたは返信可能なFAX番号
3.住所
4.電話番号
複数人登録される方は全員のお名前をお知らせください。

メールアドレス:waseda.egypt@gmail.com
FAX番号:03-5285-1302

admin

黄金のファラオと大ピラミッド展 静岡会場のお知らせ

東日本国際大学エジプト考古学研究所が監修を行なっている「黄金のファラオと大ピラミッド展」が静岡で行われます。

お近くにお住いの方、他の会場で見逃してしまった方、是非この機会にご来場ください。

黄金のマスクをはじめ、国立カイロ博物館所蔵の一級品が一堂に会します。詳細は下記の通りです。

会期:2017年4月9日(日)〜6月25日(日)

場所:静岡県立美術館
静岡県立美術館のフェイスブックページ

開館時間:10:00〜17:30 (6月17日(土)、6月24日(土)は午後8時まで開館)

休館日:月曜 (ただし4/10、5/1は会館)

admin

太陽の船プロジェクト・クラウドファンディング開始

「第2の太陽の船発見から30年の節目に、新たなチャンレジをはじめます」

本学エジプト考古学研究所が調査を行なっているクフ王第2の太陽の船プロジェクトで、
吉村学長がクラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトを統括する吉村学長からのメッセージを掲載します。

先日、ピラミッド南側で最大サイズの木片が発掘された第2の太陽の船ですが、実は、今年発見から30年を迎えます。

この節目の年に、私吉村作治は、本日より、今一度、エジプト考古学者人生をかけ、最後にして最大の挑戦である「ピラミッド建造の目的解明」を成し遂げるべく、新たなチャレンジをはじめることといたしました。

それが、謎を解く重要な鍵を握る「第二の太陽の船」の修復と復原のスピードをあげていくために必要な資金の一部を、クラウドファンディングで募るというものです。

【目標金額は2000万円、本日より6月30日23:00まで支援の募集を行います】
https://readyfor.jp/projects/solarboat

クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の仕組みです。
インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を呼びかけ、 目標額に100%まで到達した場合のみ集まった資金を受け取ることができます。

公開期間終了までに目標金額が集まらないと、私たちには1円も入らない仕組みになっています。

この30年、度重なる苦難に耐え、発掘・修復作業はついに船全体の2/3まで完了いたしました。

しかし、予想よりも時間がかかったことで、私も74歳となり、あとどのくらい研究を続けることができるか正直分からない状況です。

それでも諦めたくありません。

達成することができるのか、正直不安なところもありますが、最後まで全力で頑張りますので、ぜひ一度プロジェクトページをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/solarboat

そして、小額でも私の人生をかけた挑戦を応援していただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

吉村作治

admin

エジプト考古学研究所ホームページ始動

東日本国際大学エジプト考古学研究所は2014年の発足以来、多くの古代エジプトの遺跡調査や、イベントを実施してきました。

この研究所は日本における古代エジプト文明研究や教育の拠点となるべく、

これからさらに活動を盛り上げていきます。

東日本国際大学ホームページ内にも研究所のホームページがありましたが、

我々の活動をより活発に、迅速に伝えるべく別個にホームページを立ち上げました。

FacebookTwitterなどのSNSも活用し、今後は頻繁に情報を発信していきます。

今後とも東日本国際大学エジプト考古学研究所の活動をよろしくお願いいたします。

admin